色合いに気をつけよう!モテる服の着こなし

モテる服を着こなすには色合いに気を付ける必要ありですよ。

もっと明るい色のメンズファッションがあってもいいのでは

without comments

私は割と、トップスに赤とかオレンジとか、明るめの色を着ることが多いです。ですが、そのような色使いのアイテムは、普通のメンズファッションのお店には置いてないことが多いのです。

それ故に、どうしてもファストファッション中心のコーディネートになってしまいます。もっとも昨今のファストファッションのアイテムは、価格の割にはデザインや素質に凝っていることが多くて、普通のセレクトショップをしのぐ品質になってきているので、不満は少ないですが。

セレクトショップを巡ってみても、赤や黄色、オレンジといった暖色系の色のトップスやアウターが少ないのが事実です。もっとあってもいいし、色のバリエーションが多いと明るい色を着る男性が増えて街並みの様子も明るくなることは間違いないのです。

私は原色系の赤や黄色、オレンジや濃い青のトップスに、ベージュやカーキのチノパンを合わせて、足下はスニーカーみたいなコーディネートをよくします。このような原色を使った色合わせは、特に色彩感覚に優れた若い女性に受けるのです。

くすんだ色や黒はあまり好きじゃありません。やはり年齢よりも若く見られるためには、明るめの色を大胆に使ったコーディネートの方が有利ですね。
明るい色をもっと男性も着てもいいのです。明るめのコーデはモテる服装だと思います。

Written by ZU77RrdARRGL

2月 10th, 2015 at 12:11 pm

Posted in 未分類

普段着はカラーリングで楽しむ

without comments

男性の多くは仕事柄スーツを着ている方が多いと思います。スーツ選びは上手く出来るけれど、普段着の選び方は苦手という男性も意外と多くいます。カジュアルファッションと聞くと流行に敏感でいなければならないなど意外に敷居が高いとお考えの方も多いのですが、実際そんな難しく考える事はありません。そもそもおしゃれというものは、流行のものを無理して追いかけるのではなく、好きなものを自分らしく組み合わせる事が、本当のオシャレを楽しむものだと思います。

とはいえ、どういった洋服を選べば良いのか、悩むところです。先ずは一番簡単な色から決めることです。自分に似合う色、はたまた好きな色を見つける事です。ちなみにファッションにおいて定番色は、黒系とベージュ系、ブラウン系などです。そもそもファッションにおいては色を全体で3色以内に抑えるという基本があります。例えば、白のTシャツに紺のパンツ、白のスニーカーであれば2色ですので、どんな色のシャツを上に羽織っても合わせることが可能です。

逆に3色に抑えたのにしっくりこない場合は、同じ色でも鮮やかな感じのものからくすんだ感じのものなど、色のトーンいわゆる雰囲気が合っていない可能性があります。ですのでトーンを統一する事によりしっくりくるはずです。

ちなみに3色のうち1色を白や黒やグレーにするとより合わせやすくなります。白、黒、グレーはどんな色でも合わせることができるオールマイティなカラーだからです。スーツスタイルでは単色での統一が多いのですが、普段着はカラーリングを楽しむ事によりオシャレのセンスが磨かれます。このセンスがいざという時のモテる服の着こなしにジワジワと影響してくるというわけです。

Written by ZU77RrdARRGL

1月 5th, 2015 at 12:23 am

Posted in 未分類